地震ジャーナル最新号
(最新号)
地震ジャーナル(年2回発行)
・【エッセイ】警報の鉄則と宿命(西出則武)
・2018年6月18日大阪府北部の地震(岩田知孝/飯尾能久/松島信一)
・2018年大阪府北部地震の周辺活断層と地震活動への影響(遠田晋次)
・北海道東部沖の巨大地震の可能性(佐竹健治)
・福島県で節目を迎えた自然災害-1888年磐梯山噴火と1938年福島県東方沖地震-(室谷智子)
・2015年5月30日小笠原諸島西方沖深発地震と異常震域の謎(古村孝志)
・フィリピン地震火山監視強化と防災情報の利活用推進〈平成22~26年度SATREPS課題の概要〉(井上公)
・ハワイ島で起きる地震の原因と特徴(山田卓司)
・地震の揺れを伝えない技術への挑戦(梶原浩一)
・2018年北海道胆振東部地震(速報)(岡田義光)
・書評
・新刊紹介
・ADEP情報
・【囲み記事】地震波干渉法とは何か/福井地震から70年/韓国初の液状化被害

最新号のダウンロードはこちらへ (PDF 24.1MB)
バックナンバーはこちらへ